フットケアサロンTONEトーンのご紹介

サロン案内

ホーム > サロン案内

「歩く」ということ

ネイルサロン勤務時代、足の小指の爪が厚くて自分では切れないし家族にもできないと悩んでいる高齢の男性が来店されました。私は当時持っていた技術を駆使して厚みと長さを整えました。そして男性は店を出ました。すると3歩ほど歩いてくるっと振り返り、驚いた顔で「全然痛くない」と言ったのです。歩いて帰れるよと嬉しそうに笑いました。
歩けるということは幸せなことなんだと初めて気付いた瞬間でした。

足は自分を支えてくれている大事な場所です。痛みや違和感があっては決して気持ちよく歩けないのです。歩けなくなって健康を損ない元気がなくなっていくというのはよくあることです。

「一歩」を踏み出す

 美味しいものを食べて、身体をよく動かし、質の良い睡眠を取る―。

それは健康の基本であり、美しさの基本でもあります。
しかし便利になった現代では意識的に身体を動かさなければ身体を動かす機会がないのが現実です。家を出て数歩で車に乗り、仕事は座りっぱなし、一日ほとんど歩いていないということありませんか? 身体を動かさなければ筋力はどんどん低下していきます。

「まだ若いから大丈夫。」そう思っているのも束の間で体の変化は確実に訪れます。そして確実に年を重ねていくのです。若い頃は気付きませんでしたが鏡に映る自分の姿に年齢を感じずにはいられません。でも、衰えたと嘆くのではなく、それでも頑張っているじゃないかと自分を認められるようにと思い、私は歩くことから始めてみようと思いました。

本当は気付いてる?

体の不調は末端に表れやすいものです。栄養不足や精神的ストレス、貧血、内臓疾患などがあれば、爪の色や表面に表れます。体の一番下にある足はとくに感じやすく、調子の良いときは足取りも軽く悪いときは重く感じます。

最近足が重いな…… 歩くと疲れる…… 爪がボコボコだな……
末端のトラブルは心と体からの何らかのサインかもしれません。

手先がキレイなら自信が生まれます
足元が軽ければやる気が湧いてきます

TONEでは皆様の手や足の状態を整えていくことで、毎日をより自分らしく美しく過ごせますよう力になりたいと願っています。

「明日もがんばろ。」そう思っていただけますように―。

PROFILE

MIHO
ネイルスクール卒業後ネイリストとしてネイルサロンで勤務。ペディキュアや足のお手入れなどでお客様の足と関わり足に対する関心が高まる。本格的なドイツ式フスフレーゲを学ぶ。後に足・靴・歩行の3点からトータルに考えケアしていく自然療法フットケアに出会い、今も学び続けている。

資 格

  • JNEC日本ネイリスト技能検定1級
  • FSI-フスフレーガー認定証

SALON INFO

TONE トーン
  • 080-5852-1665
  • [受付時間]10:00~18:00 
    日曜・祝日定休
  • 〒930-0055
    富山県富山市梅沢町3丁目15-5 ルーチェ・ソラーレ 205号
    駐車場:3番
トーンブログ

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせは、お電話または
専用メールフォームにて承っております。

ページの先頭へ